『本を読む本』読んだ

本を読む本 (講談社学術文庫)

本を読む本 (講談社学術文庫)

読書の方法についての本2冊目。間が開いてしまったが読みきった。読書の目的とは?読書のレベルとは何か?について非常に詳細に書いてある実践的な本。

この本の中で、本を読んでその内容を自分の言葉で言い換えることができなければただ字面を追っただけと同じだと書いてあり、今までの読書がそんな感じだったのでギクッとした。読むまでに時間がかかったとはいえ、この感想も読み終わった直後だけど全く内容を言い換えることが出来てないのであまり内容が頭に入ってないのだろう。

しかし、手元において定期的に読んで内容を身体に刻んでおきたいぐらいいい内容だと思ったので、kindle版が欲しい。

読書を通して知識を得たい人なら一度は読んでおくべき本だと思った。